Xウイング法

こんにちは、X ウイング・テクニック・コースへようこそ!

X ウイング・テクニックは、あなたの集中力とグリッドを分析する能力を鍛えてくれますし、やっていてとても楽しいものです。

X ウイング

選択されている R2 と R4 のラインをよく見てみましょう。各行に候補番号8を持つセルが 2 つしかないことがわかります。

最後に、よく見ると、これらの 4 つのセルは完全に並んでいるので、X を形成しています。

セル R2-C5 が8であれば、セル R4-C7 は必然的に8になります。そうでなければ、R2-C7 が 8 であれば、R4-C5 は必然的に 8 になります。

いずれにしても、これらの 4 つのセル以外のコンパニオン・セルが 8 になることはありえないので、安全にすべての候補を取り除くことができます。

Xウイングのテクニックは、整列している(X を形成している)4 つのセルの中で、同じ行や列のどこにも現れない同じ候補を探すことです。この共通の候補を フィッシュ ディジットと呼びます。

2 つ目の例、今度は列の場合

先ほど、Xウイングの例として、行が基本セットであるものを見ました。

今度は、列を基本セットとした例を見てみましょう。

C5 列と C7 列を見てみると、どちらの列も、数字の3が候補になっているのは 2 つのセルだけだということがわかります。

この 4 つのセルは X(または長方形)を形成しているので、Xウイングのテクニックを応用して、同じ家の他のセルから3の数字の候補をすべて取り除くことができます。